外資系父ちゃん オススメの本100冊

人生万事トライ&エラー。花も実もある楽しい読書。

「県庁おもてなし課」地域活性化したくなっちゃう小説 ③

「この物語はフィクションです。しかし、高知県庁におもてなし課は実在します。」 という書き出しで始まる本書。高知県出身の有川浩さんが、実際に県庁おもてなし課から観光特使を依頼されたことをきっかけに生まれた作品です。 有川浩さんらしい面白い小説…

【三匹のおっさん】老若男女、誰もが大きな爽快感を味わえる小説

『還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか、とかつての悪ガキ三人組が自警団を結成。剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械いじりの達人の頭脳派・ノリ。ご近所に潜む悪を三匹が斬る!その活躍はやがてキヨの孫・祐希やノリの愛娘・早苗にも影響…

【三体】大きなスケールとリアリティを兼ね備えた中国発SF

アジア人として初めて、SF界で最も名誉ある賞の一つとされるヒューゴー賞に輝いた中国人作家、劉慈欣のSF大作。ヒューゴー賞はかつてハリーポッターシリーズも受賞しているぐらいで、ストーリー性に優れたファンタジーを重視しているのかもしれません。物語…

「哲学と宗教全史」哲学史・宗教史の流れと特徴がよくわかる

我々の脳が現在の形まで進化した1万年前から、世界はどうしてできたのか、また世界は何でできているのか?人間はどこからきてどこへ行くのか、何のために生きているのか?人間は考え続けてきました。自然科学や遺伝子、脳科学的に、一定の答えは出つつある…

【魔球】大人も子供も感動する青春推理小説

東野圭吾さんが好きな中1の娘から「ちょっと怖かったけど、マスカレードホテルより面白かったから、絶対オススメ!」と推された小説。マスカレードホテル自体が二人ともかなり楽しんだ本でしたし、娘からそのように薦められたら読まない訳にはいきません。…

「2030年の世界地図帳」テクノロジー、地政学、SDGs、落合陽一

国連が2030年までに達成する17の目標として定めたSDGs(持続可能な開発目標)。これを足掛かりに、落合陽一さんのナビゲートで地政学、テクノロジー、データを見据え、これからの社会をどう生き、どう関わるべきかを学ぶ本。中身は、SDGsがカバーする幅広い…

「ゼロトレ」読んですぐに痩せはせねど、健康と美に通ず

劇団四季やブロードウェイで活動していた石村友見さんは、激しい鍛錬や無理なダイエット等で体を痛め引退。じっくり体をメンテナンスして回復していこうと、ある時訪れたNYのヨガスタジオでの講師の何気ない呼びかけが、本書のきっかけだそうです。 ではみな…