外資系父ちゃん オススメの本100冊

楽しさも学びも。花も実もある読書生活。

『これも修行のうち』と、毎日の悩みを受け流せるようになる方法

毎日が、今より少し楽しく、心軽く、快適にすごせたらいいな。そう思いつつも心を煩わせている毎日を、「まあ、これも修行のうち」と気楽に受け流せるようになれたら、どんなにラクになるでしょう。そうなるための方法を「実践!」していこうというのが、こ…

『蜜蜂と遠雷』人と音楽の素晴らしさに感動する小説

浜松ピアノ国際コンクールをモチーフに描かれた、三人のピアノの天才と、彼らを取り巻く音楽を愛する人たちの物語。コンクール出場者である四人の葛藤や成長は、彼らの互いを想う優しさも相まって素直に感動させてくれます。そして楽器に縁遠い私のような読…

『睡眠こそ最強の解決策である』きちんと眠りたくなる唯一無二の本

睡眠ハウツー本は世の中に多いし、説得力のあるデータを揃えている本も複数あると思いますが、その中でもこの本はピカ一です。筆者のマシュー・ウォーカー博士は現カルフォルニア大学バークレー校の睡眠・神経イメージ研究室所長。世界をまたにかけ、睡眠、…

『県庁おもてなし課』地域活性化したくなる小説 ③

「この物語はフィクションです。しかし、高知県庁におもてなし課は実在します。」 という書き出しで始まる本書。高知県出身の有川浩さんが、実際に県庁おもてなし課から観光特使を依頼されたことをきっかけに生まれた作品。面白い小説であると同時に「地域活…

『三匹のおっさん』老若男女だれもが爽快かつハッピーになれる小説

『還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか、とかつての悪ガキ三人組が自警団を結成。剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械いじりの達人の頭脳派・ノリ。ご近所に潜む悪を三匹が斬る!その活躍はやがてキヨの孫・祐希やノリの愛娘・早苗にも影響…

『三体』壮大なスケールとリアリティを兼ね備えた中国発SF

アジア人として初めて、SF界で最も名誉ある賞の一つとされるヒューゴー賞に輝いた中国人作家、劉慈欣のSF大作。ヒューゴー賞はかつてハリーポッターシリーズも受賞しているぐらいで、ストーリー性に優れたファンタジーを重視しているのかもしれません。物語…

『哲学と宗教全史』哲学史・宗教史の流れと特徴がよくわかる

我々の脳が現在の形まで進化した1万年前から、世界はどうしてできたのか、また世界は何でできているのか?人間はどこからきてどこへ行くのか、何のために生きているのか?人間は考え続けてきました。自然科学や遺伝子、脳科学的に、一定の答えは出つつある…

『魔球』大人も子供も感動する青春推理小説

東野圭吾さんが好きな中1の娘から「ちょっと怖かったけど、マスカレードホテルより面白かったから、絶対オススメ!」と推された小説。マスカレードホテル自体が二人ともかなり楽しんだ本でしたし、娘からそのように薦められたら読まない訳にはいきません。…

『2030年の世界地図帳』の未来年表を深く理解する年表を追加

国連が2030年までに達成する17の目標として定めたSDGs(持続可能な開発目標)。これを足掛かりに、落合陽一さんのナビゲートで地政学、テクノロジー、データを見据え、これからの社会をどう生き、どう関わるべきかを学ぶ本。中身は、SDGsがカバーする幅広い…

『ゼロトレ』ゼロポジション意識で値段の元は取れる

劇団四季やブロードウェイで活動していた石村友見さんは、激しい鍛錬や無理なダイエット等で身体を痛め引退。じっくり体をメンテナンスして回復していこうと、ある時訪れたNYのヨガスタジオでの講師の何気ない呼びかけが、本書のきっかけだそうです。 ではみ…

『周 理想化された古代王朝』歴史もニュースも読み方が大事

キングダムでブームの秦の前時代、周王朝の概説書です。中国古代史研究者の佐藤信弥氏が、中国各地で出土した青銅器に刻まれた「金文」を基に、丁寧に周代史をまとめています。かなり専門的ですが「史実と歴史書」の違い、「歴史的な事実と歴史認識」の差と…

『超訳 ニーチェの言葉 エッセンシャル版』機嫌よく生きるための名言

19世紀後半に「ツァラトゥストラはかく語りき」など多くの著作を残したドイツ人哲学者のニーチェ。本書をめくると、現代の私たちが楽しく生きるヒントがたくさんあるなと。訳もすごくいいのでしょう。全10章、190の言葉が1ページずつ掲載されています。特に…

『ちひろさん』みんなそのままでいいと語りかけてくれるマンガ

お弁当屋さんのアルバイト店員ちひろさんと、街の人々のふれあいや暮らしをほんわか描いたお話。元風俗嬢とあけっぴろげに語り、普段はのんびり、時々クールに活躍するちひろさん。ユニークなシニア揃いのお弁当屋さん。上辺の友人関係、家族関係に疑問を持…

『1440分の使い方 成功者たちの時間管理15の秘訣』から実践3つ

Amazonプライムの読み放題対象、キンドルで格安購入もできる本ですが、1440分(24時間)を有効に使うための15のTIPSのうち、下記3つは、個人的に新たな気づきであり、特に1番目は実践しやすく有効です。 1.To Do リストをやめてスケジュール表に入れる…

『稼ぐがすべて Bリーグこそ最強のビジネスモデルである』権益は統合して稼ぐ

初代事務局長の著者が、豊富なスポーツビジネスの知識とBリーグ設立の経験を踏まえ、成功するビジネスモデルのポイントをまとめた本。サラリーマンとしては、下記の3点が参考になりました。 1.新ビジネスの機会検討、計画立案時の留意点 2.権益統合でビ…

『ジァイアントキリング』トライしてみる 成長マインドセットのお手本

日本のプロサッカーリーグの弱小チームとその選手たちが、個性的な若手監督に率いられ大きく成長していくお話。テレビドラマを見るかのような各話のつなぎ、コマ割り、次巻予告、撮影秘話的ひとコマなど、ストーリーだけでなくデザインも秀逸な楽しいマンガ…

中学生と親子で楽しめる小説 7選

中学生の子供たちと親子で楽しんだ小説をご紹介します。どれも子供向けというわけではなく、すごく面白くてわかりやすい小説であるからこそ、大人も、本好きの中学生も楽しめるものばかりです。 1.きみの友だち 重松清 2.風が強く吹いている 三浦しをん …

『EQ 2.0』自分の感情をコントロール出来るようになる本

自分の中に巻き起こる感情を、自在にコントロールできたら悩みが減るのに。そう思って検索して出会いました。ダニエル・ゴールドマン著「EQ こころの知能指数」の現代版かつ実践篇とも言える本です。本書は心に関する個人的な2つのスキル、社会的な2つのス…

【プリズナー・トレーニング】合理的で続く!筋トレ指南書

表紙とタイトルの奇抜さに思わず書店で手にとりました。非常に良く出来た「自重トレーニング」の指南書です!腕立て伏せや腹筋は昔もやりましたが、個人的には二つ難点があっていつも続きませんでした…。一つは、筋トレの成果が感じにくいこと。一人で淡々と…

「文系の私に超わかりやすく数学を教えてください!」お父さんにも理解できました

「5-6時間で中学数学が終わってしまう。」ウラ表紙の触れ込みです。実際に4時間ほどで読み終えました。あと1-2時間の復習、すなわち通算5-6時間の読書で、オモテ表紙の触れ込みどおり、誰かに教えられるほど理解できるかも?その気にはさせられてしまいまし…

「テレンス・コンラン流 インテリアの基本 」心地よい家で暮らす

住まう家をより心地よくする。副題の通り「シンプルで美しい暮らしのための3つのエッセンス」を、素晴らしい写真集のような豊富な事例で紹介してくれます。 「無駄なく」 Plain ありのままの素材、すっきりとしたフォルム、魅力を高めるどころか不鮮明にし…

【ベイビーステップ】週末テニスプレーヤー上達の参考になる点!

言わずと知れた有名テニスマンガ「ベイビーステップ」。高校からテニスを始めた主人公の成長速度こそマンガ的ですが、プロを目指す過程で描かれる戦術やトレーニング方法などは非常にリアル。テニス上達の参考情報を得ようと思ったら、YouTube動画サイト、例…

「モバイルボヘミアン」 本田直之・四角大輔  自由な人生を自分で設計

6年前に出版された本田直之氏の「ノマドライフ」は場所に縛られずに仕事をしよう!というメッセージでしたが、本書はさらに進んで、仕事と生活の垣根をなくして、融合させていくことを提案しています。 ノマドワーカーを「どこにいても仕事ができる人」とす…

「FACTFULLNESS」 ハンス・ロスリング データを正しく見る

正しく判断するためにデータを集める。バイアス、思い込みを持たずにデータを見る。状況を正しく理解するために適切にデータを分析する。データの活用がビジネスの勝敗を分ける時代、この大事で、難しいことを、大変わかりやすく教えてくれる本です。オバマ…

「凡人のための地域再生入門」地域活性化したくなっちゃう小説 ②

地域再生をドライブしたい筆者が同志に共有したい、成功に必須なロジックと、苦難に打ち克つためのエモーション、その両輪を伝えるべく、小説形式で地方での事業のリアルが描かれています。 シンプルに面白い。筆者の実体験がベースとやるストーリーは現実的…

「プラチナタウン・和僑」地域活性化したくなっちゃう小説 ①

人生100年時代、日本の社会構造が変わる中で、地方の政治、経済が成り立っていくためには、やり方を大きく変えなければならない。元エリートサラリーマンが、町長として宮城県の田舎町で奮闘する、すごく面白い小説です。同時に、自分がサラリーマンとして20…

「サピエンス全史」 人類はどのように発展し、幸福に至るか

人類、ホモ・サピエンスが他の類人猿を圧倒して生き残らせたのが「認知革命」。その後の文明を可能にしたのが「農業革命」と「科学革命」。人類の幸福のためには今後何が必要か、という本。 大きなスケールで考えるきっかけになります。人類が発展した契機が…

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」古賀史健 文章で人を動かす

何のために文章を書くのか。それは動いて欲しいから。相手の心を動かしたい。社内の人と合意したい。未来の自分を変えたい。だから。 「いい文章」とは、「読者の心を動かし、その行動までも動かすような文章」のことである。 日記やメモなら読者などいない…

「SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術」安眠に直結する3つの手法

良い睡眠は日々の活力、仕事のパフォーマンスに直結します。本書では20の手法が紹介され、根拠も明確でいずれも納得できますが、自分にとって取り入れやすいもの、効果が出やすいものには個人差があるでしょう。寝付き、夜中に目覚める頻度、朝の目覚めの…

【怒らない禅の作法】心を穏やかに保つ秘訣

禅の心とは、物事にとらわれず今この一瞬を大切に生きること。執着を手放し日々満足して生きること。よけいなものをそぎ落としシンプルに生きることです。 怒りに振り回され、人にぶつければ人間関係にヒビが入る。我慢すれば後々までストレスが残る。とはい…